仕込みの合間に通うお店の学校

沖縄オーシャンビューリゾートホテルの口コミを大調査【週刊MEOレポート】

口コミラボを運営する株式会社movでは、口コミサイトを”もっと”売上に変える『口コミコム 』の分析機能を用いてレポートを作成しています。 今回は沖縄オーシャンビューリゾートホテルに寄せられた口コミ(総数45,000件超)をもとに、人気のあるリゾートホテルの繁盛の秘訣について徹底調査しました。 このレポートから、沖縄リゾートホテルには「ビーチ」よりも「プール」の口コミが多く、各ホテル間で「接客サービス」や「食事」に差が出ることがご確認いただけます。 この週刊MEOレポートでは口コミを横断して分析することで見えてくる「新しい発見」をご提案します。レポートのサマリなどもこの記事の中で確認できるようにしていますが、レポートの詳細はダウンロードしてご確認ください。

今回の調査対象

今回は、高級ホテル・高級旅館専門予約サイト一休.comで特に評価が高かった沖縄のオーシャンビューリゾート51施設、口コミ総数45,000件超を対象に口コミ調査を実施しました。その中でも、ハレクラニ沖縄、ザ・ブセナテラス、ザ・リッツ・カールトン沖縄、ヒルトン沖縄北谷の4社で比較を行いました。

沖縄オーシャンビューリゾートホテルの口コミを分析

調査対象の店舗に寄せられる口コミの新規投稿件数は調査を開始した2011年から増加傾向にあり、2021年に過去最高の9,876件を記録しました。2022年も6月末までに約4,458件の口コミが投稿されており、2021年とほぼ同水準の口コミ投稿件数が見込まれます。

サイト別口コミ投稿件数の変化

沖縄オーシャンビューリゾートに寄せられる口コミの主要なサイトは、近年Googleマップへ変わりつつあります。2019年にGoogleマップがTripAdvisorを上回って以来、その差は拡大してきました。しかしGoogleマップが主たる投稿先ではあるものの、他のサイトも対応が必要です。

他にも、利用頻度が高い口コミの経年での推移を確認できる経年キーワード分析などについても詳細なレポートに整理しております。是非、ダウンロードしてご確認ください。

ポジティブ/ネガティブキーワード分析

沖縄オーシャンビューリゾート51施設に寄せられた全口コミを調査し、使用頻度の高いものからポジティブ率が高い順に15位までを確認しました。施設とサービスそれぞれで具体的なポジティブな口コミとして、下記のようなコメントが集まっています。

同様にネガティブな口コミについて確認したキーワード分析については、詳細レポートをダウンロードしてご確認下さい。

口コミコムを利用した分析例(QSCA分析)

口コミコムを利用すると、Googleマップや食べログなどに投稿されるすべての口コミを自動でAI解析できます。店舗評価に必要なQSCA(Q:品質、S:サービス、C:清潔さ、A:雰囲気)に関する口コミを抽出し、それらの口コミがポジティブなのかネガティブなのか、文脈から判定し自動でスコアリングしています。

それらのAI解析を用いた分析例として「ハレクラニ沖縄」のQSCA・頻出ポジネガキーワードを確認しました。

詳細なレポートでは各ブランド間の比較、ハレクラニ沖縄以外のブランドについてのQSCAとポジネガキーワードをご確認いただけます。是非、ダウンロードして詳細をご確認下さい。

各ブランドを共通キーワードで分析すると、、、

同じ業界を横串で比較する場合、各社共通して使われているキーワードを分析すると違いが見えてきます。沖縄オーシャンビューリゾートホテル4社に寄せられるお客様の声を詳細に見ていきましょう。

4社とも「ビーチ」に関する口コミよりも「プール」に対する口コミの方が多いです。沖縄リゾートホテルの場合はプールの広さや、子供が楽しめるプールかどうかが口コミに反映される傾向があります。

また、全体的にスタッフやサービスに関する言及が多く見られました。リゾートホテルの提供価値は立地・設備に間違いありませんが、サービスに関する口コミの方が集まりやすい傾向があります。

その他、飲食や滞在についての口コミを横串で比較した「戦略キーワード分析」については、詳細レポートをダウンロードしてご確認下さい。