仕込みの合間に通うお店の学校

【2024年最新】インバウンド人気観光地ランキング[城・城址編] 全国78箇所の口コミを言語別に分析

お気に入りに追加

レポート概要

公開日時2024年02月05日
業種
小売
宿泊
飲食店
娯楽
サービス
ジャンル
インバウンド
インバウンドランキング

本レポートでは、人気観光スポットに寄せられた口コミを元に訪日ラボが独自作成したインバウンド人気観光地ランキング[城・城址編]を発表します。

このランキングから

  • インバウンドに「今」最も人気のある城・城址

  • 英語・中国語・韓国語ほか 言語別人気観光地 TOP10

  • 日本語 vs 外国語 口コミ評価比較

が分かります。

この資料でこんなことが分かります。

  1. 商業施設のインバウンドランキング、No.1は「大阪城

  2. 外国語口コミは日本語口コミと比べて★評価がやや高い傾向

  3. 英語での人気No.1スポットは「◯◯◯」

ここからは、レポートのダイジェストをお届けします。

インバウンドに人気の城・城址ランキング、1位は大阪城!

訪日ラボ・口コミコムが独自に調査した『インバウンド人気観光地ランキング』城・城址編

数あるスポットのなか、今インバウンドに最も人気がある城・城址は、大阪府の「大阪城」でした。

口コミ数の圧倒的な多さと高評価口コミの双方が人気を支えていることが分かります。

TOP3にランクインした大阪城・姫路城・名古屋城は、いずれも桜の名所として知られています。

「桜」はインバウンドの人気コンテンツの1つ。

今後桜の季節に向け、これらのスポットの人気はさらに高まることが期待されます。

<関連記事>訪日ラボ:2024年の「桜」開花予想は?インバウンドにも人気、昨年の様子は

【日本語 vs 外国語】城・城址における外国人口コミ評価比較

また本レポートでは、人気スポットTOP10の口コミ評価を言語別に算出。日本語と外国語との評価の違いを比べてみると、ある特徴が見えてきました。

上位3スポットにおいて、日本語での口コミと比べて外国語の口コミでは ★評価はやや高い傾向となりました。

インバウンドに人気の城・城址において、外国語での口コミを集めることは日本語での口コミ獲得と同様に高評価が得られる可能性があります。

【言語別】インバウンドに人気の商業施設ランキング

レポートでは、英語・中国語(繁体 / 簡体)・韓国語など、外国語別の人気ランキングも発表しています。

このランキングから、各言語圏によって人気スポットに特徴があることが分かりました。

英語版のTOP10は、以下のようになりました。

1位:(レポートにてご確認ください)

2位:(レポートにてご確認ください)

3位:(レポートにてご確認ください)

4位:元離宮二条城

5位:皇居

6位:首里城

7位:松本城

8位:広島城

9位:熊本城

10位:小田原城

英語での口コミで「今」最も人気のある観光スポットは、「◯◯◯」でした。

総合ランキングではTOP10外だった神奈川県の「小田原城」がランクインしました。

小田原城を有する小田原市は、コロナ禍の2021年から英語でのオンライン体験ツアーを配信したり、英語版の観光Webサイトを整備したりと、積極的にインバウンド誘致を展開しているようです。

今後さらなる人気スポットとなるか、期待が持たれます。

<関連記事>訪日ラボ:「忍者のオンライン体験」登場に、外国人も「新鮮だ...」和英対応のコンテンツとして 小田原市

ーーーーーー

その他にも、レポートでは”インバウンド”に活かせる口コミ対策とは?"をテーマに、2024年のインバウンド対策に役立つ情報をまとめています。

インバウンド対策や口コミマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

<調査概要>

  • 調査対象:訪日ラボが独自に選出した国内の「城・城址」78箇所 ※Googleマップ上の表示が「城」「城址」などとされているものから独自に抽出

  • 口コミ調査期間:2024年1月2日 ~ 2024年1月15日

  • 口コミ総数: 1,245 件(うち 外国語口コミ数:494件)

  • 調査リソース:Google マップ から公開されている口コミを抽出し独自に分析 ※★評価のみ(口コミなし)や絵文字のみの口コミは分析の対象外

  • 調査方法:「口コミサイトを “もっと” 売上に変える」口コミコム(インバウンドオプション)を利用して、調査リソース上のデータを独自に分析・解析

レポート概要

公開日時2024年02月05日
業種
小売
宿泊
飲食店
娯楽
サービス
ジャンル
インバウンド
インバウンドランキング
問い合わせバナー