仕込みの合間に通うお店の学校

ドラッグストア4ブランドの口コミ調査【週刊MEOレポート】

お気に入りに追加

レポート概要

公開日時2023年02月28日
業種
小売
ジャンル
業界別調査レポート

今回は、ドラッグストア4ブランド(ウエルシア・マツキヨココカラ・ツルハ・スギ薬局)に寄せられた5,555件の口コミを調査し、4ブランドの比較検証を行いました。 このレポートから

  • 業界全体の特徴としては、高い評価と低い評価・口コミ数が多い店舗と少ない店舗の幅が大きく、1店舗あたりの口コミ数は増やす余地があること

  • ドラッグストアの口コミで差が出たワードは「便利」「近く」「時間」であること

  • 求められるのは、コンビニのような機能であること

がわかりました。 この週刊MEOレポートでは口コミを横断して分析することで見えてくる「新しい発見」をご提案します。詳細は資料ダウンロードにてご確認ください。

今回の調査対象

今回は、ドラッグストア4ブランド(ウエルシア・マツキヨココカラ・ツルハ・スギ薬局)に寄せられた5,555件の口コミを調査し、4ブランドの比較検証を行いました。

口コミ投稿数の推移を見てみると...

ドラッグストア4ブランド全体の新規口コミ投稿件数のグラフになります。2016年から口コミ数が増加し始めています。2017年には過去最高の1,077件の口コミが投稿されています。2018年からの口コミ数を見ると2023年も同水準の口コミ数が期待できる他、インバウンドの回復に伴い、海外の方からの口コミ投稿が増えるかもしれません。

”口コミ投稿件数”と”評価の平均”を見てみると…

各店舗の”口コミ投稿件数”と”評価の平均”を散布図で表しました。業界全体の特徴としては、高い評価と低い評価の幅が大きいこと、口コミ数は75件未満の店舗が多いこと等が見られます。その中でもウエルシアは評価の安定性や1店舗あたりの口コミ累計数で最も高い水準ですが、ブランド全体としては、口コミ投稿数を増やし分析することで集客改善の余地がありそうです。

「キーワード」を分析(口コミコムを利用したポジティブ / ネガティブワード)

口コミコム を利用すると、Googleマップや食べログなどに投稿されるすべての口コミを自動でAI解析できます。一例としては、各サイトに投稿された口コミがポジティブなのかネガティブなのか、文脈から判定し自動でスコアリングできます。 それらのAI解析を用いた分析例として「ウエルシア」の頻出ポジネガキーワードを確認しました。

便利」「買い物」「ポイント」などがポジティブ率が高い結果となりました。近くて安く、24時間営業でいつでもアクセス可能で店内が綺麗、決まった日にTカードポイントでの購買がさらに割安になる、といった部分が評価されています。一方、「受付」「処方箋」からは、店員の接客、処方箋の待ち時間を改善すると満足度がより高まりそうなことがわかりました。

レポートでは、他の3ブランドについても同様に分析しております。ダウンロードして、是非ご覧ください。

「キーワード」を競合店舗と比較(口コミコムを利用したキーワード分析)

口コミコム を利用することで、口コミ内のキーワードの投稿回数だけでなく、そのキーワードが利用された文脈をAIが判定して、口コミを傾向として見ることができます。

ウエルシアが「便利」「近く」「時間」でポジティブ率が高く、ブランド間で差が出ました。アクセスがしやすく、行けば目的の商品が安く購入できる点が高く評価されており、コンビニのような機能が求められていることがうかがえます。一方「時間」に関しては、3ブランドでネガティブ率が高くなりました。調剤の際の待ち時間が短くなると、満足度が高まりそうです。

レポートでは、「商品」「価格」「接客」といったキーワードについても分析しております。是非ダウンロードして、ご覧ください。

レポート概要

公開日時2023年02月28日
業種
小売
ジャンル
業界別調査レポート
問い合わせバナー