仕込みの合間に通うお店の学校

紳士服店の口コミ1.2万件を調査【週刊MEOレポート】

今回は、紳士服店大手4ブランド(洋服の青山/AOKI/コナカ/はるやま)に寄せられた約12,000件の口コミを調査し、4ブランドの比較検証をしました。

この調査から

・リモートワークの終了や、コロナ禍により中断されていた行事の再開により、2022年の新規口コミ投稿件数が急増したこと

・“口コミ投稿件数”と“平均評価”の関係は、4ブランド間で大きなばらつきがあること

・顧客が紳士服店を利用する際には、スタッフの“接客力”や“対応力”を重要視していること

・4ブランドに共通して「女性店員」にネガティブな口コミが集まっていること

がわかりました。

【週刊MEOレポート】では口コミを横断して分析することで見えてくる「新しい発見」をご提案します。詳細は資料ダウンロードにてご確認ください。

今回の調査対象

今回は、紳士服店大手4ブランド(洋服の青山/AOKI/コナカ/はるやま)の口コミ(総数12,346件)を分析しました。

口コミ投稿数の推移を見てみると...

紳士服店4ブランドに寄せられた新規口コミの投稿件数の年別推移です。2017年から2020年まで右肩あがりに増加したのち、2021年には一度落ち込んだものの、2022年には再び回復し過去最多の4,340件となりました。口コミ数急増の要因には、リモートワークの終了や、コロナ禍により中断されていた入学式・入社式・卒業式などの行事の再開が考えられます。2023年も口コミ数の更なる増加が期待できます。

店舗ごとの口コミ投稿件数と評価平均の分布は?

各店舗の”口コミ投稿件数”と”評価の平均”を散布図で表しました。AOKI:口コミ投稿件数のばらつきが大きく、平均評価は3.5〜4.0に集中しています。コナカ:全体的に口コミ投稿件数が少なく、平均評価のレンジが幅広いのが特徴です。はるやま:全体的に口コミ投稿件数が少なく、平均評価は4.0以下に集中しています。洋服の青山:全体的に口コミ投稿件数が多く、平均評価は3.5以上に集中していることが分かります。

レポートでは、その他の分析内容に関しても掲載しています。詳細は資料ダウンロードにてご確認ください。

AOKIの口コミで多用されるワードを分析してみると...

口コミコム を利用すると、Googleマップや食べログなどに投稿されるすべての口コミを自動でAI解析できます。店舗評価に必要なQSCA(Q:品質、S:サービス、C:清潔さ、A:雰囲気)に関する口コミを抽出し、それらの口コミがポジティブなのかネガティブなのか、文脈から判定し自動でスコアリングしています。 今回は、このAI解析を用いて【AOKI】のQSCA・ポジ / ネガキーワードを確認しました。

QSCAは“接客”・“雰囲気”で高スコアとなりました。ポジティブな口コミでは接客に関するワードの使用回数が多く、その中でも「アドバイス」や「相談」など、スタッフの対応に満足する声が多く寄せられていました。ネガティブな口コミでは「サイズ」への言及が多く、大きいサイズの品揃えに対する不満の声が多く見られました。

レポートでは、洋服の青山 / コナカ / はるやまについても同様に分析しています。ダウンロードして、是非ご確認ください。

各ブランドを共通キーワードで比較してみると...

口コミコム を利用することで、口コミ内のキーワードの投稿回数だけでなく、そのキーワードが利用された文脈をAIが判定して、口コミを傾向として見ることができます。

商品”・“価格”に関するワードを分析しました。はるやまの口コミにおいて「サイズ」「種類」「豊富」といったワードは使用回数が多い、あるいはポジティブな文脈で用いられている割合が多いため、品揃えに対する利用者の高い満足度を得ていると言えます。また、「クーポン」「割引」はそれぞれコナカ、はるやまの口コミにおいて、ネガティブな文脈で用いられる割合が多い結果となりました。

レポートでは、"接客"に関するキーワードについても分析しております。詳細は、資料ダウンロードにてご確認ください。