仕込みの合間に通うお店の学校

スーパー銭湯の口コミ1.5万件を調査【週刊MEOレポート】

今回は、スーパー銭湯4ブランド( 極楽湯 / 湯楽の里 喜楽里 / おふろの王様 / コロナの湯 )に寄せられた約15,000件の口コミを調査し、比較検証を行いました。

この調査から

  • 年間を通して見ると、口コミ数の季節変動はあまり大きくない一方で、2022年10月以降4ブランド中3ブランドで口コミ数が増加傾向にあること

  • 風呂の種類の多さ、送迎バス等オプションサービスの有無、天然温泉、といった部分がポジティブに言及されることが多く、業界でのサービスの多角化は消費者に歓迎されていること

  • “設備”ジャンルに関する口コミからは、お湯への満足度は「温度」が適切かどうかで差が出ること

が分かりました。

【週刊MEOレポート】では口コミを横断して分析することで見えてくる「新しい発見」をご提案します。詳細は資料ダウンロードにてご確認ください。

今回の調査対象

今回は、スーパー銭湯4ブランド( 極楽湯 / 湯楽の里 喜楽里 / おふろの王様 / コロナの湯)の口コミ(総数15,041件)を分析しました。

ブランド別口コミ投稿数の推移を見てみると...

ブランド別の新規口コミ投稿件数の推移です。2022年8月にYahoo! MAPキャンペーン(実施期間:7月29日〜8月31日)により一時的に口コミ数が増加しております。その影響を除き年間で見ると、口コミ数の季節変動はあまり大きくない一方で、10月以降、極楽湯・湯楽の里 喜楽里・おふろの王様の3ブランドは増加傾向にあります。

極楽湯の口コミで多用されるワードを分析してみると...

口コミコムの独自AIでは、口コミ内の特定の「キーワード」が利用された文脈(ポジティブ / ネガティブ)を判定します。さらに、口コミから顧客満足度(QSCAスコア)を算出します。これらにより、口コミを可視化し、その傾向を把握できるようになります。

QSCAは“品質”で高スコアとなりました。

ポジティブな口コミでは「豊富」「無料」などが並び、メニューや風呂の種類の多さ、コーヒーやバス送迎が無料で利用できる点が評価されていました。一方、ネガティブな口コミでは「普通」「お湯」があり、マナーの悪い客や、お湯の塩素の強さへの不満がみられました。

レポートでは、「湯楽の里 喜楽里」「おふろの王様」「コロナの湯」ついても同様に分析しています。ダウンロードして、是非ご確認ください。

各ブランドを共通キーワードで比較してみると...

口コミコムを利用すると、自店舗や競合店舗に寄せられた口コミを「キーワード」で横断的に分析できます。口コミから自店舗の強み / 弱みを知ることで、競合との差別化ポイントや店舗運営の改善点のヒントが見えてきます。

設備”ジャンルに関するキーワードを調査しました。

使用回数が多く、ポジティブ率が高いものを見ることで、各ブランドでどういった部分が高い評価を得ているかを分析できます。実際の口コミを見てみると、風呂の種類等に関する満足度は高い様子で、「温度」が適切かどうかで差が出ることがわかりました。

レポートでは、"価格"・"雰囲気"・"サービス"に関するキーワードについても分析しています。詳細は、資料ダウンロードにてご確認ください。