仕込みの合間に通うお店の学校

フォトスタジオの口コミ5,000件を調査【週刊MEOレポート】

今回は、フォトスタジオ2ブランド(スタジオアリス / スタジオマリオ)に寄せられた約5,000件の口コミを調査し、2ブランドの比較検証を行いました。

この調査から

  • 2022年にはスタジオマリオの口コミ投稿数が急増したこと

  • 8割の店舗において、口コミ投稿数が50件以下であること

  • スタジオアリスは、子供の記念日撮影を任せられる安心感が評価されていること

  • 「マタニティ」「お宮参り」などの主力メニューに関する口コミは少ないこと

  • ブランド間で差が出たワードは「七五三」「家族」であること

がわかりました。

【週刊MEOレポート】では口コミを横断して分析することで見えてくる「新しい発見」をご提案します。詳細は資料ダウンロードにてご確認ください。

今回の調査対象

今回は、フォトスタジオ2ブランド(スタジオアリス / スタジオマリオ)の口コミ(総数5,121件)を分析しました。

口コミ投稿数の推移を見てみると...

ブランド別の新規口コミ投稿件数の年別推移です。スタジオアリスのほうが口コミ数が多いものの、コロナ禍以降その伸びは鈍化傾向にあります。一方、スタジオマリオは2022年に大きく口コミ数を伸ばしました

店舗ごとの口コミ投稿件数と評価平均の分布は?

各店舗の”口コミ投稿件数”と”評価の平均”を散布図で表しました。160店舗中128店舗において、口コミ投稿件数は50件以下と少なく、集客施策に口コミを活用するためには、まずブランド全体で口コミ投稿件数を増やす必要があるといえます。スタジオマリオは店舗ごとの評価の平均にばらつきが大きいことも特徴です。

レポートでは、その他の分析内容に関しても掲載しています。詳細は資料ダウンロードにてご確認ください。

スタジオアリスの口コミをポジティブ / ネガティブ別に見てみると…

口コミコム を利用すると、Googleマップや食べログなどに投稿されるすべての口コミを自動でAI解析できます。店舗評価に必要なQSCA(Q:品質、S:サービス、C:清潔さ、A:雰囲気)に関する口コミを抽出し、それらの口コミがポジティブなのかネガティブなのか、文脈から判定し自動でスコアリングしています。 それらのAI解析を用いた分析例として【スタジオアリス】のQSCA・頻出ポジネガキーワードを確認しました。

QSCAは”清潔感”が低スコアであり、「コロナ」禍での感染症対策に関してネガティブな口コミが寄せられました。「説明」時間の長さにも、改善の余地がうかがえます。一方、「安心」「子ども」にはポジティブな口コミが寄せられており、子供の記念日撮影を任せられる安心感が口コミにも反映される結果となりました。

レポートでは、スタジオマリオについても同様に分析しています。ダウンロードして、是非ご確認ください。

キーワード別にブランドの傾向を見てみると...

口コミコム を利用することで、口コミ内のキーワードの投稿回数だけでなく、そのキーワードが利用された文脈をAIが判定して、口コミを傾向として見ることができます。

撮影メニュー”に関するキーワードを分析すると、両ブランドとも「子供」「七五三」への言及数が多いことが分かりました。一方、「マタニティ」「お宮参り」など、両ブランドがキャンペーン展開を行うメニューに関しての言及数は少ない結果となりました。キャンペーン展開と合わせて口コミで顧客の声を集めることは、新規客獲得の一助となりそうです。

また、「七五三」はスタジオマリオにポジティブな口コミが集まりました。

レポートでは、"撮影""価格""接客"に関するキーワードについても分析しております。詳細は、資料ダウンロードにてご確認ください。