仕込みの合間に通うお店の学校

ゴルフショップ4ブランドの口コミを大調査【週刊MEOレポート】

今回は、ゴルフショップ4ブランド(ゴルフパートナー・ゴルフ5・ヴィクトリアゴルフ・つるやゴルフ)に寄せられた約1.3万件の口コミを調査し、4ブランドの比較検証を行いました。 このレポートから

  • 口コミの多くは「品揃えの多さ」「値段に対する品質」「接客」に関するものであること

  • 相談できるスタッフがいることはお客様にとってその店舗に行く強い動機になること

  • 中古クラブの取り扱いが集客力に寄与していること

がわかりました。

この週刊MEOレポートでは口コミを横断して分析することで見えてくる「新しい発見」をご提案します。レポートの詳細は資料請求してください。

今回の調査対象

今回は、ゴルフショップ4ブランド(ゴルフパートナー・ゴルフ5・ヴィクトリアゴルフ・つるやゴルフ)の口コミ(総数12,926件)を分析しました。

ゴルフショップ4ブランドに寄せられた新規口コミ・マクロ動向

新規口コミ投稿数は2017年に急増し、2019年に最多の3,192件を記録しました。2020年以降は口コミは減少傾向にあります。2022年も11月末の時点で1,676件、予想では約1,828件と前年の口コミ数よりも減少する見込みです。ただし”減少”の見方には注意が必要です。この口コミ減少は特定のブランドの急激な増減に影響されています。

サイト別新規口コミ動向

次にサイト別での新規口コミ投稿件数の推移です。口コミ投稿先のほとんどはGoogleマップが占めています。2022年にはYahoo! MAPの割合が増加しており、これはLINE PLACEとの連携によるものと考えられます。 レポートでは、ブランド別新規口コミ動向についても分析しております。ダウンロードして、是非ご覧ください。

口コミコムを利用した分析例(QSCA分析)

口コミコム を利用すると、Googleマップや食べログなどに投稿されるすべての口コミを自動でAI解析できます。店舗評価に必要なQSCA(Q:品質、S:サービス、C:清潔さ、A:雰囲気)に関する口コミを抽出し、それらの口コミがポジティブなのかネガティブなのか、文脈から判定し自動でスコアリングしています。 それらのAI解析を用いた分析例として「ゴルフパートナー」のQSCA・頻出ポジネガキーワードを確認しました。

商品の説明やゴルフクラブを購入する際の「アドバイス」といったキーワードがポジティブ率の高いキーワードとしてランクインしています。ネガティブな口コミとしては、ゴルフクラブや関連商品の在庫不足に関するキーワードが多く寄せられていました。 レポートでは、他の3ブランドについても同様に分析しております。ダウンロードして、是非ご覧ください。

【独自分析】ブランド別の口コミ傾向(ブランド別戦略キーワード評価チェック)

口コミコム を利用することで、口コミ内のキーワードの投稿回数だけでなく、そのキーワードが利用された文脈をAIが判定して、口コミを傾向として見ることができます。

「商品」に関するキーワードを分析しました。ネガティブ率の要因としては「在庫」「接客時の対応」などが多く見られました。ヴィクトリアゴルフの「値段」ではネガティブな口コミが多く見られました。 レポートでは、「接客」「サービス」といったキーワードについても分析しております。ダウンロードして、ご覧ください。