仕込みの合間に通うお店の学校

"ライバル企業との差"を口コミから知る

効果

  • 「口コミ件数」や「口コミ内容」を競合と比較することで、ライバル企業との差を瞬時に把握できた

  • 定期的に発生していた分析作業の時間がゼロになった。

  • アンケートや口コミから見えた店舗の改善点を地道に改善し、お客様からクレームが激減。

資料紹介

サービス名

口コミコム

提供企業

株式会社mov

導入企業 業種

飲食業

インタビュー

創業当時から大切にしてきた「お客様の声」。Web上でも同じ施策を実現するため、口コミコムを導入

ーーーまずは、御社がどんな会社なのか、また、新井さん・安田さんが普段どのような業務をされているのか、伺ってもよろしいでしょうか。

新井さん:

弊社は「TOMATO&ONION」と「じゅうじゅうカルビ」を経営・運営している企業です。両ブランドともに、直営店とフランチャイズ店を運営しており、全国各地に店舗があります。
私は商品部プロモーション担当のリーダーをしており、「客数・売上を増やすこと」がミッションです。オンライン・オフライン問わず販促施策を考え実行しており、例えば販促チラシの企画作成や、SEO・MEO対策なども私の管轄です。

安田さん:

私は管理部の責任者をしております。管理部の役割は、経営分析、総務人事、システム、お客様相談室、店舗開発、経理など多岐にわたります。その中で、「口コミコム」は主に経営分析の領域で活用させていただいております。

ーーーさまざまなプロモーション施策を実施する中で、MEOや口コミ対策を始めたきっかけはどういったところにあるのでしょうか。

新井さん:

始めたきっかけは大きく2つあります。1つ目は、世の中的にMEOや口コミへの注目度が上がり、集客販促に効果があると言われ始めたこと。

2つ目は、ライバル企業との差です。ライバル企業の動向に注目していると、コロナ前の当時は我々とあまり変わらなかったはずなのに、そこから成長がずっと右肩上がり。対して、弊社はコロナ禍で売上が減少していました。

この差は「告知力」にあるのではないかと思い始め、MEO対策、口コミ対策に本格的に取り組む必要性を感じたんです。

株式会社トマトアンドアソシエイツ 新井俊太郎さん

▲株式会社トマトアンドアソシエイツ 新井俊太郎さん